Home未分類>肩まわりの筋肉を鍛えて、肩こり予防!&ダイエット★(脚やせ専門エステリフィート 新宿店)

Tue2016.06.21

肩まわりの筋肉を鍛えて、肩こり予防!&ダイエット★(脚やせ専門エステリフィート 新宿店)

こんにちは!スタッフの宇多村です♪(o・ω・)ノ))

皆さま、前回お伝えした 「肩こり解消のコツ」 実践されていますか?

左右の身体のバランスを考えて、バッグを持つ手を変えてみたり
お風呂にゆっくり浸かって、疲労回復など。
普段の生活に取り入れて習慣にすると
自然と、太りづらい身体になりますよ!

また、身体の柔軟性は特に必要です!
今回は、肩まわりの筋肉を鍛えて、肩こり予防&ダイエットにつながる
エクササイズをご紹介いたします!

静かに筋肉を伸ばすような静的ストレッチは、
副交感神経を優位にすると言われています。
まず動的ストレッチで血行を促し、静的ストレッチで終わると
スムーズに眠りにつけて、疲れがとれやすくなるのです。

今回は、肩まわりの動的⇒静的ストレッチをご紹介。

■動的ストレッチ
------------------

1. 両足を肩幅に開いて立ち、両手の指先を肩につけます。
2. ひじで大きな円を描くように、
3回後ろ回しをします。
3. つづいて、3回前回しをします。


■静的ストレッチ
----------------

1. 両手を頭の後ろで組みます。
2. 腕の重みで静かに頭を下げ、背中を丸めます。
※首は強く押し過ぎないように注意して、背中の筋肉をしっかり伸ばしましょう。

デスクワークが多く、首や肩が疲れやすい人には特におすすめ!
ほぐしている部分を意識しながら、他のことは考えずに
ゆったり行いましょう。

お風呂上りの習慣にするとgood♪
良い眠りにつくことができますよ。


■肩の柔軟性を高める
--------------------

右手を肩の上から背中へ、左手を下から上げて背中で
両手をつなぐことはできますか?
左右逆はどうでしょう。
届かない人は、肩の深い位置の筋肉(インナーマッスル)の柔軟性が落ちて、
肩の周辺に負担をかけている可能性があります。

背中の後ろで両手を握手できるように
朝晩の習慣にしてみましょう!
肩周辺の血行が良くなれば、身体全体の血流も良くなり
新陳代謝がアップ!
代謝が上がれば自然とダイエットにつながります。


肩まわりの筋肉を鍛えて、肩こり予防!&ダイエット★
是非今日から試してみてください\(^o^)/

体験コース今なら初回限定!3240円

脚が細くならない原因がその場で分かります!
まずはあなたのなりたい脚を教えて下さい。
→ご予約はこちらクリック!!

----------------------------------

instagramfacebookLINE始めました

instagram ID refeat_official followme
facebook URLhttps://www.facebook.com/Refeat.bikyaku
LINE URLhttp://www.ashiyase.jp/line_me/

-----------------------------------------

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://refeatshinjuku2009.blog61.fc2.com/tb.php/1567-f857104f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)